スマートハウス

ハウスメーカーが競ってスマートハウスを売り出している。
原発・電力問題が生み出した商品ともいえる。
どこのメーカーの商品も似たように見える 。
その特徴は屋根に太陽光パネルを備え、
HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)
と言われるシステムによって電力使用状況が見えるようになっている。
太陽光パネルを試しに設置した東京都副知事が本の中で書かれていたが、
太陽光パネルをつけただけで普段通りの生活を送っていても、
光熱費はタダにはならない。
そこで、もう少し節電しようかな、消費電力の少ない家電製品を買おうかな。
と思うようになっていくのだという。
いわば、スマートハウスは節電生活への入り口であり、
その後エコ商品を買うことを覚悟した方がよさそうである。
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | ST | 2012/3/13