2013年6月アーカイブ

[ トレーラーハウス ]
日本ではあまり目にする機会が無いが、トレーラーハウスには、「車両」としての趣の強いものから、「家」としての趣の強いものまで、様々なデザインがある。「車両」に見え...
続きを読む | TT | 2013/6/28
[ 柱 ]
日本には古くから樹木に神が宿るという精霊信仰としての風習がある。 神は自然の中に存在し、巨木などにも宿っているという考えだ。 神社建築では神を祭る神殿は大きな柱...
続きを読む | SF | 2013/6/27
[ エルグレコ ]
エルグレコの画をみればキリスト教の世界観を垣間見ることができる。縦長にひきのばされたプロポーション、上方へとパースをきかせたダイナミックな構図、そのさきに輝く光...
続きを読む | AO | 2013/6/26
[ 住まいをデザインする顔 ]
大阪市立住まいのミュージアムにて開催中の展覧会「住まいをデザインする顔」を訪れた。30代の建築家・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナーが出展されている。こ...
続きを読む | ST | 2013/6/25
[ 空間の共生 ]
神戸市北区に日本最古の民家と言われている箱木千年家がある。 この建物がとても美しく、豊かな空間がある。 平面は半分を板間、半分を「にわ」と呼ばれる土間空間にな...
続きを読む | MK | 2013/6/24
[ 素材感 ]
素材感とは、見た目だけの問題ではない。どっしりと重量感のある土塗りの壁をつくっても、その下地がプラスターボードであれば、叩いた時に「コーン」と音が響き、中身が空...
続きを読む | TT | 2013/6/21
[ 建築解体 ]
現代建築解体新書(富永譲 著)を読んだ。 カーサ・ダ・ムジカ/せんだいメディアテーク/MoMA といったような現代建築を21点選び出し「解体」している。 2色で...
続きを読む | SF | 2013/6/20
[ フィードバック ]
建築は構想から建設まで一方通行で進んでいくといわれる。どんな分野のプロジェクトでも起こりうることかもしれない。一度きまったものをひっくり返して考え直すというのは...
続きを読む | AO | 2013/6/19
[ 3Dプリンター建築 ]
幅7.5m、奥行き7.5m、高さ18mの巨大3Dプリンターで建築を作る試みがイタリアで行われている。砂のような材料を5~60mmずつの厚さで敷きならし"躯体"の...
続きを読む | ST | 2013/6/18
[ コミュニケーション ]
建築家の職能として一番必要なものはコミュニケーション能力ではないだろうか。 クライアント、技術者、図面、素材、場所、時間、自分自身・・・・ 様々なものと...
続きを読む | MK | 2013/6/17
[ 空想の建築展 ]
町田市国際版画美術館での空想の建築展を訪れた。今回の展覧会では、書籍の挿絵等も含んでおり、建築サイドだけでなく、アートや研究調査等、多角的な観点で構成された展覧...
続きを読む | TT | 2013/6/14
[ 言葉 ]
建築に言葉は必要だろうか。 初歩的だけれど非常に繊細な問いであると思う。 デザインに時代の特徴を感じるように、言葉にもトレンドがある。 ずっとまえから無意識に使...
続きを読む | SF | 2013/6/13
[ レーピン ]
イリヤ・レーピン。近代ロシアを代表する画家でロシアで最も有名な画家の一人に数えられるが、世界的な知名度はもうひとつ。以前にその画業を一堂に集めたレーピン展をみた...
続きを読む | AO | 2013/6/12
[ 建築の理解度 ]
優れた建築を創るにはクライアントの建築に対する理解度も重要である。スイス・チューリッヒ市では建築賞というものが建築主に与えられる。これには建築主の建築的な考え方...
続きを読む | ST | 2013/6/11
[ スケール ]
アメリカ、ミッドセンチュリーの建築家、イームズが制作した映像で 「powers of ten」という物がある。 この映像は1m(100)を基準単位として10...
続きを読む | MK | 2013/6/10
[ カリフォルニア・デザイン展 ]
国立新美術館でのカリフォルニア・デザイン展を訪れた。図録は、一般書店でも購入できる。ケーススタディハウスなどで有名なカリフォルニアのモダンデザインを、衣服や陶芸...
続きを読む | TT | 2013/6/ 7
[ アルミ ]
ルーブル・ランスはSANAAが手掛けたルーブル美術館の別館である。アルミパネルとガラスで覆われた5棟からなる矩形のボリュームを 全長360mにもわたって連続させ...
続きを読む | SF | 2013/6/ 6
[ 祈りの場 ]
西欧の教会では、身廊の最も奥に十字架が配される。そのスペースはアプスと呼ばれるニッチ状の掘りこまれた空間で、半円形の平面の頂部に半ドームがのっているようなケース...
続きを読む | AO | 2013/6/ 5
[ 観光 ]
先輩からセベリアの旅行の話を聞いた。そこは白いテントが住宅地に張られていてその光景が見物だという。住宅地が観光地になる都市は面白いと思う。日本の住宅地はどこへい...
続きを読む | ST | 2013/6/ 4