リコラ・ヨーロッパ社工場

リコラ・ヨーロッパ社工場(ヘルツォーク&ド・ムーロン設計)の雨水処理のデザインが秀逸である。
コンクリートの壁に雨水をそのまま垂れ流しており、
コンクリートには通常の雨水処理が施されていない。
樋も水切りも外壁に施す撥水剤もないのである。
そのため水がつたい流れた痕跡が外壁に残るのだが、
雨垂れによって作られた縞模様の痕跡自体がデザインとなっている。
その模様は千住博のウォーターフォールシリーズのようだ。
シンプルかつ鮮やかなデザインである。
六本木建築家

前へトップページ次へ | ST | 2013/7/16