新国立競技場

東京は、オリンピック招致の熱が加熱している。
新国立競技場のコンペは、昨年ザハ・ハディドが勝ち取った。
先端的な設計手法を活かした、設計、施工ともに挑戦的な建物だ。
以前のオリンピックでつくられた代々木体育館は、半世紀前に建てられ、今なお国内トップクラスの名建築として君臨している。
今回の新国立競技場も刺激的なデザインではあるが、はたしてそこまでの射程距離があるだろうか。
向こう50年間有功なデザインというものは、並大抵ではできない。
新国立競技場がどのようにつくられ、その後どのように時代に洗われるのか、注目したい。
六本木+設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2013/7/19