コンセプトのつくりかた

「コンセプトのつくりかた」(玉樹真一郎 著)を拝読した。
著者は任天堂のゲーム機Wiiのコンセプトワークから携わり世界中で大ヒットさせた人である。
「世の中に新しい価値観をつくる」ことが
まさにコンセプトをつくること、そのものだと氏は言う。
新しい何かをつくる際にコンセプトさえ見つかれば、
その後、何をどうすべきか、コンセプトに導かれる。
作ったものを説明するためのコンセプトと、
何かが生み出される土壌となるコンセプトは大きく違う。
その一貫してブレのない商品やサービス、デザインは
受取り手にとって感動を与えるものになるのである。
神戸大阪建築家
前へトップページ次へ | ST | 2013/7/30