2013年8月アーカイブ

[ ルール ]
建築を、様々な「ルール」からみることができる。「子供部屋に鍵を付けない」というのは、子供に一定のプライバシーを確保する権利を与える、という表現であると同時に、親...
続きを読む | TT | 2013/8/30
[ 奏でる建築 ]
サウンドインスタレーションを手掛ける知人が、 とあるチャペルに巨大なエオリアンハープ計画している。 それは、テンションをかけた弦に風が吹くことで音を奏でる...
続きを読む | SF | 2013/8/29
[ 濃密な空間 ]
日本建築の空間的特徴の一つに茶室にみられるような濃密な空間概念があると思う。書院造りから、茶室や数寄屋に展開した。天井をつくり、建具を彩り、座敷飾りで室内を演出...
続きを読む | AO | 2013/8/28
[ 関西国際空港 第2ターミナル ]
関西国際空港第2ターミナルは格安航空会社(LCC)専用ターミナルである。約3万㎡で工事費は約37億円という。単純計算で坪41万円、これは破格値である。ランニング...
続きを読む | ST | 2013/8/27
[ 健康なインテリア ]
しばらくあまり自炊をしていなかったのだが、最近になって再び、自炊を多くするようになった。すると、台所に調味料や食器が増え、それらが、「いつも使われています」とい...
続きを読む | TT | 2013/8/23
[ サイン ]
サイン(何かを表す目印)はmotif(モチーフ)を用いることがある。 モチーフとは、創作の動機となった主要な思想や題材であり、 あぁ、なるほどねと見る人を納得さ...
続きを読む | SF | 2013/8/22
[ 鈴木治 ]
鈴木治の展覧会をみた。網羅的展示でその軌跡を概観できる。鈴木は器でない陶器のジャンルを開拓した走泥社を主宰した。土のかたちを追求し続けた作家だ。その変遷は鈴木の...
続きを読む | AO | 2013/8/21
[ 配色 ]
明るい色は膨張色だと思われがちだがシルバーやパールなどの背景が写りこむ色はスリムに見える。逆に環境に影響されないマットな色はグレーなどでも大きく感じる。このこと...
続きを読む | ST | 2013/8/20
[ もうひとつの空間 ]
海の中の空間が非常に魅力的に感じる。 宇宙空間のように遠く離れた存在ではなく、 すぐそばにあるもう一つの空間であるが、 肺呼吸をする私達人間にとってはあまり馴...
続きを読む | MK | 2013/8/19
[ GKインダストリアル ]
世田谷美術館のGKインダストリアルの展覧会を訪れた。プロダクトデザインには、建築以上に、万人に受け入れられるデザインが求められる。標準解から外れすぎない、個性の...
続きを読む | TT | 2013/8/16
[ トマソン ]
赤瀬川原平の「超芸術トマソン」において、「トマソン」が紹介されている。「トマソン」とは、増改築などで、用途や目的を失ったまま取り残された階段などのことだ。これを...
続きを読む | TT | 2013/8/ 9
[ 仮設 ]
建築仮設メーカーが運営する豊洲そらスタジオという遊園地がある。 電気は一切しようせず、仮設資材をつかったアトラクションが立ち並ぶ。 鉄パイプの足場で構成されて...
続きを読む | SF | 2013/8/ 8
[ 素材とかたち ]
素材のかたちは素材のもつ物理的な特性と関係する。世の中にあふれるモノは物理的制約のなかでかたちづくられている。その関係に基づいて素材にはそれぞれ長い歴史のなかで...
続きを読む | AO | 2013/8/ 7
[ 三分割法 ]
構図を決める方法として三分割法というものがある。バランスのいい構図となる方法として、すでに1797年には風景画家達の間で使われていた。例えば水平線と人物を描く時...
続きを読む | ST | 2013/8/ 6
[ マリオジャコメッリ ]
イタリア人の写真家マリオジャコメッリの写真集を見た。 彼は生涯に渡り「生」と「死」をテーマにしたモノクロの 写真を撮り続けた写真家である。 彼の写真を見ていて...
続きを読む | MK | 2013/8/ 5
[ 記憶 ]
よい場所の記憶が無ければ、よい場所を想像することができない。大人になってからの記憶でもよいのだろうが、特に幼少時の記憶は、故郷の記憶が忘れがたいように、強いイメ...
続きを読む | TT | 2013/8/ 2
[ 緑化 ]
大阪丸ビルが大樹木として生まれ変わろうとしている。 大阪ダイヤモンド地区の中心に位置し、円筒形のシンボリックなタワーは 一時取り壊しのうわさこそあったものの、商...
続きを読む | SF | 2013/8/ 1