ルール

建築を、様々な「ルール」からみることができる。
「子供部屋に鍵を付けない」というのは、
子供に一定のプライバシーを確保する権利を与える、という表現であると同時に、
親は緊急時にその権利を侵す権利を有するという表現でもある。
建築は、こういう「ルール」の表現の集積でもある。
「新しい建築」は、しばしば、こういった「ルール」に変革をもたらすものであり、
その点から、社会に強いメッセージを発するものにもなり得る。
六本木+設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2013/8/30