日常と非日常

建物の設計においては日常と非日常について考える機会は多い。
日常の空間の中に非日常の空間を差し込むこともあれば、
施設そのものに非日常性を求める場合(劇場、葬儀場など)もある。
非日常は普段の生活をより豊かにするものである。
美術館や映画館へ行く、旅行をする、デートでいつもと違う服を着る、など
これらは何気ない非日常だと思う。
いつもと少し違うこと(=非日常)を人は無意識に求めているのだ。
六本木建築家
前へトップページ次へ | ST | 2013/9/10