絵画をみる環境

絵画をみる環境がどうあるべきかは
その絵によって異なる。
自然光でみるのと
人工照明の下では異なるし、
暗い環境のほうがその絵の細部を鑑賞しやすい場合もある。
印象派など戸外で製作された絵画は自然光のもとで本来の色が現れるのだろう。
絵画の保存とどう折り合いをつけるのかも問題だ。
絵をみる環境を考える際に最も重視されるのは何より光なのだろう。
六本木+設計事務所

前へトップページ次へ | AO | 2013/10/ 2