素材感

素材感は一枚の写真ではなかなか伝わらないが、
実物を動かしたり自分が動いたりすれば、
反射する光の変化によって伝わってくる。
触り心地もただ手を当てるだけではわかりにくく、
なでたり、押したりして生じる感覚だ。
つまり素材感は静かなものではなく動きの中に生じる作用である。
この認識は、素材感を何かで再現しようとするときには
とても重要であると思われる。
神戸大阪設計事務所
前へトップページ次へ | ST | 2013/10/29