ルーバー

ルーバーといえば、本来日除けの目的で設けられるが、
透過性のあるスクリーンとして空間を分節する効果もある。
素材、形状もいろいろな可能性があり、
スケールも同様にデザインの対象になる。
街に面して外装として用いられる場合と
インテリアとして用いられる場合では、
材のスケールも変わってくる。
条件に応じて自然であることが、
その効果を最大限生かすデザインなのだと思う。
神戸+建築家

前へトップページ次へ | AO | 2013/12/ 4