意匠権

ある企業が企業のもつ意匠権のみで融資を受けたという記事を読んだ。
物体ではない、概念的、抽象的なデザインというものが価値を生んだのである。
建築において意匠権を定義するのはきわめて困難であると思う。
その理由の一つに構成する部材の多さにある。建築を構成する部材一つ一つが
すでに意匠権をもっていることもある。
しかし抜本的解決として、建築が芸術として一般認識されなければならない。
神戸+設計事務所

前へトップページ次へ | SF | 2013/12/19