意図せぬ情報

近所の家が、どうやら引っ越したらしい。
まだ表札がかかっているのに、それがなんとなくわかる。
エアコンの室外機の有無、物干し竿の有無などが、その雰囲気を左右しているようだ。
となると、室外機や物干し竿は、人の存在を醸し出し、ある種の安心感を担っているとも言えそうだ。
設備など、建築設計において見せたくない類のものも、一定のポジティブな情報を持っていたりする。
見せないようにする場合、同等の情報を補う要素が求められる。
六本木設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2013/12/27