2014年1月アーカイブ

[ ヘルツォーク&ド・ムーロン ]
ヘルツォーク&ド・ムーロンの建築は、独特の存在感を持っている。多くの作品において、単一の考え方のスキンで、まるごと建築をくるみこむような表現を用いている。通常の...
続きを読む | TT | 2014/1/31
[ Pfaffenholz Sports Centre ]
H&deM設計のPfaffenholz Sports Centreを訪れた。 スイスとフランスの国境に位置する体育館である。 一言に、テクスチャーに拘りぬいた...
続きを読む | SF | 2014/1/30
[ 萬福寺 ]
萬福寺は江戸時代に中国の隠元禅師によってもたらされた黄檗宗の総本山で当時の禅宗伽藍をそのまま伝える貴重な文化財だ。日本の伝統的な伽藍と異なり、シンメトリーな中国...
続きを読む | AO | 2014/1/29
[ Vitra Campas ]
スイスバーゼルからバスでドイツ領に入り少し行った高原に突如おもちゃ箱をひっくり返したような建築群が現れる。ジャスパー・モリソン設計の美しいバス停がお出迎えしてく...
続きを読む | ST | 2014/1/28
[ 脱構築主義2 ]
現在、脱構築主義という言葉自体、あまり聞かなくなりつつあるように感じる。ザハ・ハディド、フランク・O・ゲーリィは、現在においては、「現代の最先端の技術を駆使し、...
続きを読む | TT | 2014/1/24
[ Beyeler Foundation ]
Beyeler Foundation Museumはスイス・バーゼルにある レンゾピアノ設計の美術館である。 長方形の平面を3つに縦割りし、巡回しながら それぞ...
続きを読む | SF | 2014/1/23
[ Thomas Schutte ]
Thomas Schutteはドイツの現代芸術を代表する作家で、絵画も彫刻も具象だけれど、その表現は多岐にわたる。彫刻は、まずそのスケールに圧倒される。等身大よ...
続きを読む | AO | 2014/1/22
[ ロンシャンビジターセンター ]
ロンシャンのビジターセンター及び修道女のための施設がロンシャンの礼拝堂の入口を取り囲むように建設されている。 設計はレンゾ・ピアノ氏である。 ル・コルビュジエと...
続きを読む | ST | 2014/1/21
[ 脱構築主義1 ]
ヴィトラデザインミュージアムには、ザハ・ハディドの実作処女作であるファイアステーションや、フランク・O・ゲーリィの美術館がある。両方とも、当時隆盛した脱構築スタ...
続きを読む | TT | 2014/1/17
[ Vitra House ]
Vitra Houseを訪れた。 H&deM設計によるヴィトラ・ホームコレクションの展示場である。 尖り屋根を持つ7つの家型のボリュームが積み重なって 5...
続きを読む | SF | 2014/1/16
[ Messe Basel ]
ヘルツォーグ&ドムーロンが昨年バーゼルに巨大な展示ホールを完成させている。既存のホールの建替えで、217m×90mの平面形に延べ床83,000㎡の巨大なハコがの...
続きを読む | AO | 2014/1/15
[ Beyeler Foundation Museum ]
スイス・バーゼルのBeyeler Foundation Museum(レンゾ・ピアノ設計)を訪れた。 重厚感のある褐色の石張りの壁の上にガラスの屋根・庇が軽やか...
続きを読む | ST | 2014/1/14
[ ブレゲンツ美術館 ]
ピーター・ズントーの設計したブレゲンツ美術館は、1フロアにつき1室の大きな展示室が重箱のように積み重なった、非常にシンプルな構成の建物だ。多くの美術館は、企画の...
続きを読む | TT | 2014/1/10
[ Museum Liner ]
Museum LinerはGIGON & GUYER設計の美術館である。 線路沿いに立ち、駅から建物の長手立面を見ながらのアプローチになる。 スカイラインをギザ...
続きを読む | SF | 2014/1/ 9