化学

クライン・ダイサムアーキテクツの言葉に「建築は化学」という言葉がある。
一つのプロジェクトを通してたくさんの人、物、技術、アイデアが集まるとき、
それらが連鎖的に化学反応をして、思いがけない良い結果へ化けるという意味である。
建築が化学ならば、建築家は化学者だ。
物質を構成する原子・分子にまで着目し、その構造や性質、構成の変化を操作する。
建築家と科学者。
扱うスケールは対極的であるが、そこにあるスリルや興奮は同じなのかもしれない。
神戸+設計事務所

前へトップページ次へ | SF | 2014/3/27