屋根の支え方

屋根を支える方法として、木の枝のように支える方法もある。
1本の柱から放射状に枝をのばし、屋根を支える方法だ。
自然の造形としては極めて一般的なのだから、ある意味で合理性のある支え方だと言える。
しかし、なかなか建築物では目にしない。
そのまま建築に転用するだけでも、結構「非日常」を感じる構築物になる。
ドラマチックな架構は、既知のものからでも実現できるといえるだろう。
六本木設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2014/4/18