狭小地住宅の難しさの一つに窓の配置があるとおもう。
窓を開ければすぐに隣家の外壁が有る中で、いかに視線をコントロールし
光や風を取り入れるか。
計画段階でそれらすべてを完璧にすることは容易ではない。
天窓一つで空間ががらりと変わってしまう。
そう考えると都市型住宅の計画で一番気を使うところかもしれない。
神戸+設計事務所

前へトップページ次へ | SF | 2014/4/24