2014年5月アーカイブ

[ 版画 ]
先日、ジャック・カロの展覧会を訪れた。バロック期の版画家で、主にエングレーヴィングやエッチングを手掛けた版画家だ。版画はほかにも、リトグラフやメゾチントなど、様...
続きを読む | TT | 2014/5/30
[ 動体視力 ]
建築においても動体視力は必要である。 意識してみるのとそうでないのとでは脳に入ってくる情報量が圧倒的に違う。 色、質感、造形、納まりなどを常日頃から意識して見る...
続きを読む | SF | 2014/5/29
[ 共同住宅の設計 ]
共同住宅の設計は南向き住戸を容積率最大にすることが、ある種セオリーとなっている。 戦後、公団が発表したプロトタイプの団地をベースに改良が加えられ、 今でもその系...
続きを読む | ST | 2014/5/27
[ 街並みの根拠 ]
さびれた商店街は、歩く者をさびしい気持ちにさせる。その結果、客足がさらに遠のくという、悪循環が生じる。そんな商店街の中で、それでも元気にやっている店もたまにある...
続きを読む | TT | 2014/5/23
[ 設計事務所の役割 ]
ある雑誌社の調査によると建築を依頼したい住宅会社の1位はハウスメーカーで約40%、 2位が工務店で約20%、3位が設計事務所で約12%という結果がでている。 ハ...
続きを読む | SF | 2014/5/22
[ 常識と非常識 ]
誰かが常識だと言っていることは、もしかしたら非常識かもしれない。「逆さメガネ」というものを知っているだろうか。これを掛けると上下さかさまに見えるものである。実験...
続きを読む | ST | 2014/5/20
[ 合理 ]
シュレーダー邸という住宅がある。デ・ステイルという、絵画や彫刻の芸術運動を、建築にも適用したものだ。このとき、「絵画や彫刻の芸術運動を、建築に適用するメリットは...
続きを読む | TT | 2014/5/16
[ 日本人の器用さ ]
先日、医師である友人との会話で日本人の器用さの話があった。 日本人は手先が器用だからどんな細かなことでもやってしまう。 しかし欧米人は不器用だから道具を発明す...
続きを読む | SF | 2014/5/15
[ 役物 ]
サイディングにしても屋根のスレート葺きにしても安物の既製品は角の納まりが野暮ったい。 役物が大きく目立つ為だ。そのため金物で工夫を凝らしてきれいな角の納まりにす...
続きを読む | ST | 2014/5/13
[ 家具 ]
新しいアパートに引っ越した。新鮮な気持ちで家具を運び込んだのだが、全てを運び込んで生活を始めたら、あっという間に、あたかも以前から住んでいたかのような居心地にな...
続きを読む | TT | 2014/5/ 9
[ モーテル ]
ニューヨークの高級ホテルがヨーロッパ的なのに対し、 アメリカ的ホテルといえばモーテルである。 車で長距離移動するアメリカ人たちに提供される、 ベッド、テレビ、...
続きを読む | SF | 2014/5/ 8
[ 一人で留まること ]
留まる場所を用意するのは、落ち着いた時間を過ごすために重要なことだ。友人の少ない生徒が、学校の休み時間にトイレにこもることがあると聞く。確かにトイレの個別ブース...
続きを読む | TT | 2014/5/ 2
[ 和風 ]
和風とは何か。漠然とは分かるけれど、 いざ真剣に和風建築を見ようとすると分からないことが多い。 しかし、和風建築とは本来定型がなく自由なものである。 ところが...
続きを読む | SF | 2014/5/ 1