一人で留まること

留まる場所を用意するのは、落ち着いた時間を過ごすために重要なことだ。
友人の少ない生徒が、学校の休み時間にトイレにこもることがあると聞く。
確かにトイレの個別ブースは、一人で留まるための場所なのであり、そこを見つけて時間を過ごすのは、ある意味では正しい感性であるともいえる。
しかし設計者という立場から見るならば、一人で留まる場所を、そこにしか用意できていないことを悔やむべきだろう。
住宅を設計するとき、家族でいても、独りでいても居心地の良い場所をつくるようにすべきだと聞く。
これは、他のあらゆる建物にも当てはまることだ。
六本木設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2014/5/ 2