2014年7月アーカイブ

[ 電車 ]
電車の内装には、かなり幅がある。新幹線の内装には、ビスはほとんど出てこないが、地元の電車は、網棚から、手摺から、皆単純に壁にビスで留めている。車両まるごとをトー...
続きを読む | TT | 2014/7/18
[ 形と機能 ]
「機能と構造(かたち)を分けて考えることがまちがいで、両者は同じものの別な見方に過ぎないのではないか。」解剖学者として臓器の形の意味をずっと考えて来られた養老孟...
続きを読む | ST | 2014/7/15
[ 東京都庁舎 ]
東京都庁舎は、非常に大きい。高層部も大きいが、敷地の広場も大きい。この大きさは、心に与える影響力も大きい。例えば、「新宿駅の西には都庁がある」と言えてしまうくら...
続きを読む | TT | 2014/7/11
[ 風景と建築 ]
日本では「建物が建っていない風景が美しい」という考えがあると思う。 そういった中では、どうやって建物を風景に溶け込ますかを必死になって考える。 しかし一方で、自...
続きを読む | SF | 2014/7/10
[ 手書きの試験 ]
世間ではCADが浸透し設計はCADで行うことが当たり前になり、次の世代のBIMへと移行している。しかし、一級建築士の実技の試験では未だに手書きである。試験に受か...
続きを読む | ST | 2014/7/ 8
[ レバーハンドル ]
ドアのレバーハンドルは、非常に多様な商品が出回っている。おそらく、直接人の肌に触れることが多い箇所であり、こだわりが生まれやすいのかもしれない。しかし一方で、手...
続きを読む | TT | 2014/7/ 4
[ Sarah Sze ]
Sarah Szeはニューヨーク在中の現代アーティストである。 日常的な素材を糸や針金、紐やゴムといったそこら辺にあるものを 組み合わせ、不安定な状態を作品と...
続きを読む | SF | 2014/7/ 3
[ 大工 ]
木材は工場でプレカットするのがもはや当たり前の時代である。大工がきざみと言われる木材の加工にかかる時間は1邸につき、およそ2週間だった。プレカット工場ならその作...
続きを読む | ST | 2014/7/ 1