手書きの試験

世間ではCADが浸透し設計はCADで行うことが当たり前になり、次の世代のBIMへと移行している。
しかし、一級建築士の実技の試験では未だに手書きである。
試験に受かるために、まず手書きの作図に慣れなければならない。
CADのように簡単に取り消したり、複製ができなかったりと、もどかしさを感じる。
私が受けた時も試験をCADにしてもよいのではないかと不満を持っていた。
しかし最近になって、建築士たるもの機械に頼ることなく紙とペンさえあれば
どこでも空間を具現化できる能力というのは必要なのだと感じるようになった。
CADやBIMを操る能力はそれとは別物なのだ。
その意味において、手書きの試験というのは意味があることだったのだと今更ながら思う。
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | ST | 2014/7/ 8