Finn Juhl House

Finn Juhl Houseを訪れた。
氏の家具をつくる日本のメーカーが当時の図面を基に完全再現したものだ。
キッチン・ダイニング・ベッドルームとリビング・書斎の2棟が
インナーガーデンがあるエントランスでつながれた平屋の邸宅。
廊下幅、天井高、建具巾すべてがゆったりとしているが
一つ一つが大きすぎず、コンパクトにまとめられてる。
廊下やエントランスなどいたるところにアルコーブ空間が点在しソファーが備えつけられているため
家のどこにいても落ち着くことができる。
そういった空間の大切さを改めて考えさせられた。
神戸+設計事務所

前へトップページ次へ | SF | 2015/1/ 8